全国TOP >> 岩手/観光 >> 平泉町 >> 中尊寺

中尊寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

中尊寺とは

中尊寺 中尊寺は、毛越寺などと共に「平泉の文化遺産」として世界遺産暫定リストに登載される寺院。嘉祥3(850)年に比叡山延暦寺の慈覚大師円仁によって開かれたと云われる天台宗東北大本山であり阿弥陀如来を本尊とする。
藤原氏三代に縁が深い寺として有名であり、国宝に指定される金色堂には、藤原清衡、基衡、秀衡の遺体と泰衡の首級が埋葬されている。
今週のランキング:1位 エリア:平泉町
ジャンル:寺院 / 史跡 / 国宝 / 文化財 / 天台宗 / 関山 / 世界遺産 /

概要

名称中尊寺
(ちゅうそんじ)
営業時間8:30〜17:00(11/4〜2/末は16:30まで)
休業日対象外
料金大人800円、高校生500円、中学生300円、小学生200円
※金色堂・讃衡蔵・経蔵・旧覆堂の通常拝観料金。
※各種割引あり
住所岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
電話番号0191-46-2211

アクセス

徒歩:東北本線、平泉駅より約25分。
自動車:東北自動車道、平泉前沢ICより約5分。

平泉町で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。